休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】

うつの代表的な症状

診察

うつ病になってしまうと様々な心の変化が起こります。心の変化というのは自分では中々気づきにくいものです。その理由は自分の性格や気質がこうであるからと決めつけてしまっているからです。なので少しでも変化が生じた時は早めに自分でも気づき対処する事が大切です。うつ病になっている人に現れる症状として気分障害というものがあります。人は楽しい事があれば喜んだり、嫌な事や衝撃的な事に出会うと悲しみの感情を抱いたりします。どんな時にどう感じるかは人それぞれですが、多くの人は共通した心の動きで感情を表します。うつ病になってしまうと身体で感じている事と心で感じる事が一致せずコントロールできなくなってしまうのです。なので友達と買い物をしたり楽しい事をしていても悲しい気持ちになってしまうというのが気分障害なのです。うつ病を発症していない人でも気分障害になる場合はありますが、その場合一時的な事なのですぐに改善されますが、うつ病を発症していると気分障害の症状が長く続いてしまい、自分ではどうにかする事ができません。気分障害は家族や友人、日常生活にも影響がでてしまいやすい病気なのでとてもやっかいです。欲しい服があればお店に買いに行ったり、気分転換をしたければドライブをしたり人は何かを行う時に意欲が伴います。人は意欲に支えられて生きています。意欲がなくなってしまうと何を行えば良いのか、何ができるのか自分自身に迷いが生じてしまいます。うつ病になってしまうと今まで好きで行っていた趣味や好きな食べ物に対して興味や関心が無くなってしまいます。普通の人でもある程度体験したり心の踏ん切りがつくと打ち込んでいたものに対して飽きて感心や興味を向けなくなってしまう事はあります。しかしうつ病はの場合は、そのきっかけが特になく急に起こります。意欲が減退した状態だと気分を上げたり気持ちを切り替えようという気持ちが湧かないので暗い気持ちを引きずり続ける事になります。また、意欲の減退により、勉強や仕事を頑張る事ができなくり、今までの生活に障害がでてしまいます。急に起こる症状なので、今までと違う様子から知識がある人はうつ病なのではと気づく人もいます。
思考は物事を考えたり、人格を作る為の大切な要素を持っています。脳で物事を考えているのでうつ病になるとその思考力が低下してしまいます。その為うつ病が心の弱さの問題ではなく脳に異常が起こり症状を発症していると証明できるのです。うつ病の症状で思考力が低下していると音楽を聴いたり、映画を見てもその物事に対してよいリアクションを返す事がうまくできなくなってしまいます。その理由はセロトニンの異常分泌に原因があります。記憶を司る海馬の組織が収縮を起こし、記憶を留める機能が低下してしまうからです。記憶の低下に伴い物事を見たり聞いたりしても記憶が保てず曖昧な態度になってしまうのです。他にもうつ病の人は思考を止める事が難しくなっています。一度考え続けると自分では止める事ができずずっと考え続けてしまいます。うつ症状は自分では直す事が難しいので専門の医療機関の助けが必要になるのです。また、継続して通院が必要になるので費用が掛かります。その費用を軽減する制度としてうつ病傷病手当金というものがあります。

Copyright© 2019 休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】 All Rights Reserved.