休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】

傷病者を助ける制度

医者と看護師

うつ病で長く仕事を休んでしまう場合収入が入らなくなってしまいます。またうつ病が改善されるまでどれだけの時間が必要かも不安に思う人は多いです。仕事をしながら通院をする事ができる人もいますが、休養する事を医師に言われた場合この生活をどうしていけば良いのでしょう。そんな人の為に、うつ傷病手当金というものがあります。傷病手当金という制度は、何らかの理由で病気や怪我をしてしまい会社を休む形になった場合、手当金を健康保険から支給されるというものです。怪我や病気の中にはうつ病も含まれるので支給の対象になります。支給される額は、会社で支給される給与の約三分の二がを受け取る事ができます。ですが、受け取る為にはいくつか条件があるので覚えておきましょう。うつ病傷病手当金支給の条件は、まず仕事を行う事が出来ない事、病気や怪我治療の為に休んでいる事、週の四日以上は仕事を休んでいる事、会社からの給料を支給されていない事が挙げられます。傷病手当金の支給される金額は、一日に貰える金額と支給される日数で総額の支給日数を決めます。詳しい金額を知りたい人は、標準報酬月額がどの位なのか知る必要があります。標準月額報酬は会社の事務担当に問い合わせると確認する事ができます。傷病手当金は、支給を始めた月から一年六か月間支給されます。うつ病傷病手当金の支給には手続きが必要なので、早めに行うようにすると後で手続きで慌てるリスクを減らす事ができます。まず病気の診断が分かったら、治療に掛かる日数と金額を医師か看護師に確認するようにしましょう。治療や入院期間が長引く場合は、傷病手当金や医療費が高額になる場合に適用される高額療養費の制度の利用を検討するようにしましょう。傷病手当金を申請する為には医師の証明書が必要になるので、記入してもらえるか確認は大切です。その次は、会社に長期に渡り休まなくてはいけない事を報告しましょう。欠勤の期間に有給を当てたいという人もいるかもしれませんが、有給休暇を利用すると傷病手当金の支給対象から外れてしまうので注意が必要です。傷病手当金を申請するのか、有給休暇を使うのかは会社とよく話し合って決めましょう。会社と話し合った後は申請書の準備を行います。申請書は、全国健康保険協会で直接貰うか公式ホームページでダウンロードして印刷する事もできます。都道府県によって申請書の設置場所が商工会議所や商工会、年金事務所の所もあるのでまずは先に設置場所を調べておきましょう。申請書の準備ができたら、事業主証明欄に勤めている会社から給料が支払われない事と会社を休職する事の証明してもらってください。事業主の証明欄は証明を貰うタイミングがあるので注意が必要です。証明を貰う時は申請期間が過ぎてから証明を貰いましょう。必要なものが揃ったら傷病手当支給申請書を全国健康保険協会に提出しましょう。自分の住んでいる県の協会に申請を行ってください。直接行く事ができない場合は、郵送する事もできます。



Copyright© 2019 休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】 All Rights Reserved.