休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】

復職は焦らない

看護師

うつ病治療で休養を行っている時、早く復帰をしなければ迷惑を掛けてしまうや皆頑張っているのに自分ばかり休んではいられないという人もいるでしょう。このような考えはうつ病の症状が軽くなってきた時に抱きやすい感情です。ですが、慌てて復職を行うと折角治りかけているうつ病がまた再発してしまう危険があります。そうすると、また休職をする羽目になってしまうので復職は慎重に行うべきです。ゆっくりとうつ病傷病手当金を貰いながら復職できるタイミングまで療養しましょう。復職を行う時はまずいくつかチェック項目を決めて決めた項目が無理なく行えるかを判断しましょう。その確認は医師や家族に行ってもらうのがおすすめです。まず朝起きる時無理なく起きれるか、長時間同じ所に座って作業をする事ができるか、ご飯をちゃんと食べれているかやしっかり睡眠が取れているかなどです。症状が軽いものになってもいきなりの会社への出社はかなりのストレスになってしまいます。なので、会社への復帰をする前に会社へ行くシュミレーションをしておきましょう。いきなり全部は無理なので、まずは意識から変えていく事から始めてみてください。そこからいつ行うか時間や日数を決めます。直接会社に行くのではなく会社と仮想できる施設を使ってチャレンジしましょう。図書館やカフェでも構いません。出勤時間に起きて出勤をする服装に着替えます。そして午前中や午後だけというように期限を決めてその時間集中して本を読んだり作業を行ってください。この行為を一・二週間と繰り返して続けて行えるかを確かめてみてください。
復職をする時は、自分が仕事を行ううえでの意識を変える必要があります。意識が同じままだと復職を行ってもまた仕事に疲れてしまいうつ病を発症してしまうからです。復職を行う前にまず他人と自分の能力を比べない意識を持ちましょう。職場復帰だけじゃなく働いていると一緒に働く同僚や後輩とつい自分を比べてしまいがちです。また、自分は上司からどう見られているのだろうと考えてしまいますよね?他人の事は気にしないのが一番です。復職したばかりなのに健康な人と比べるのが間違いです。なので自分のペースで出来る事だけに専念して作業をしましょう。復帰を始めると休職をしていた頃と生活リズムが変わります。生活リズムが変わると人は体調を崩しやすいです。なので体調の変化には十分気を配りましょう。また仕事をしていてもしっかり睡眠を取る事は忘れないようにしましょう。また、調子が良いと感じると薬の量を自分で勝手に変える人もいますが、それは危険です。症状が改善しても医師の指示にはしっかり従い病院にも定期的に通う事を忘れてはいけません。仕事復帰をしてもゆっくりと仕事に慣れていきましょう。休職前の状態の仕事量をこなそうとすると。体調を崩してしまったり、大きなストレスになってしまいます。仕事に慣れて調子を取り戻すまでは、任された仕事以上の事はしないでおきましょう。仕事のクオリティに対しても完璧も求めすぎない事も重要です。ゆっくり自分のペースで仕事を行うようにしましょう。

Copyright© 2019 休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】 All Rights Reserved.