休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】

うつの代表的な症状

診察

うつ病の症状である意欲低下や記憶障害、思考力低下の三つはどれか一つを発症するだけでも厄介なものです。早めに気づき専門の医療機関を受診しましょう。また、治療費を負担する制度としてうつ病傷病手当金という制度があります。

詳しく見る

傷病者を助ける制度

医者と看護師

うつ病中に休職をして治療を受ける場合、治療費や生活費が心配です。うつ病傷病手当金を利用すると、休職中も安定してお金が支給されるので治療費や生活費からのストレスを軽減する事ができます。必要な人は忘れず申請しておきましょう。

詳しく見る

復職は焦らない

看護師

うつ病の治療が進み心に余裕ができ始めたら復職を考えはじめる人が多いです。ですが、焦って復職をするとうつ病の症状がぶり返してしまいます。なのでうつ病傷病手当金を受け取りながら療養している人は、治療を優先しながら復職活動を行ってください。

詳しく見る

うつ病を理解しよう

病院

生活をしていて急にやる気が出てこなくなってしまったり、夜寝てもすぐに起きてしまうという事はありませんか?また、特に何かがあった訳では無くても自分を責めてしまうというような事はありませんか?そんな日が長く続く場合、うつ病になっている可能性が高いです。うつ病は心の病気という認識が一般的です。また、心の弱い人や特別な人がなる病気と思っている人もいるでしょう。ですが、うつ病は誰でもなる可能性のある病気です。うつ病は人には見えない症状なので、長年病気という認識を持たれずにいました。その為うつの症状が出ていてもその人の性格と誤解されやすくまた、うつである本人も気づかずに生活を続けている事ケースがとても多かったのです。ですが、最近ではうつ病に関する知識が世間に広まるようになり、自分がうつ病なのではないか?と自覚がする人やうつ病と気づき病院受診をすすめる人が多くなりました。うつ病の大きな特徴は気分が落ち込んでもすぐに治らず何日も悩みを引きづってしまう事です。そしてこの気分の落ち込みを回復しようとしても自分ではできないのがうつ病なのです。気分の落ち込みが直らないのは気持ちを司る脳の働きが何らかの異常を起こしているからです。うつ病になる原因として考えられているのが脳で分泌されるセロトニンやアドレナリンがうまく分泌されない事にあるという説があります。ですが詳しい事はまだ解明されていません。ですが、この分泌不足になる原因として環境によるストレスや病気によるストレスがあると考えられています。その為、自分でも日頃のストレスから自分を守るすべを身につける必要があります。そうする事でうつ病になるリスクを何倍も下げる事ができます。ですが、中には自分がうつ病であると気づかない人もいます。まずはうつ病の知識を自分でもある程度知っておく事が大切です。
うつ病になってしまった場合、三つの方法を他の方法と組み合わせて治療を行います。主な方法は投薬治療、休養、カウンセリングです。特に三つの中で休養はとても大切です。うつ病患者の多くの人は心が疲弊しすぎて回復が間に合っていない人が多いです。まずはストレスの原因から離れてゆっくり自分の心を休める事が大切です。うつ病になっている人も多くはうつ病の症状から身体的な病気に発展している人もいます。そんなまた、セロトニンやアドレナリンである神経伝達物質の分泌を正常に戻す為にも投薬治療は大切です。そして最後のカウンセリングは自分の中に根付いてしまった価値観や意識を改め直す為にも大切な行為です。うつ病は脳の異常にも原因はありますが、自分の性格による要因もあります。なので、意識を変える事でうつ病の再発を防ぐ事ができるのです。うつ病になってしまった時は休養が必要なので、学校や会社を休まなくてはいけません。会社を休む事により収入が減って生活が苦しくなってしまう場合は、うつ病傷病手当金を申請するのがおすすめです。


Copyright© 2019 休養中の収入が心配【そんな時はうつ病傷病手当を受給しよう】 All Rights Reserved.